美容外科で目のクマを治療する

美容外科で目のクマを治療する


美容外科で、できる治療の
代表的な方法を以下に挙げてみますね。

1、レーザー手術
術後、まぶたの安静のため 1、 2 日はアイメイクを
休みます。もちろん傷は残りません。

2、ヒアルロン酸注入
手術ではなく、ヒアルロン酸を注射します。
美容皮膚科でできます。

切らないですむのがメリット。

3、サーマクール
レーザーやフォトフェイシャルについで
第三世代の治療法。
RF(高周波)を使って肌を活性化。

4、目の裏から施術する方法
下まぶたを裏返しにして、施術する方法です。
まだ一般的ではないようですが、
メスを使わないので安全。

5、レーザーで目の下の血流を改善
レーザーを使って、青クマの原因となる
血行不良を改善。
茶クマの原因となる乾燥や色素沈着も予防。


美容外科で行う施術でも様々な方法がある事が分かると思います。

それと、

形成外科と、美容皮膚科の違いについて知っておくと便利。

形成外科→その名の通り「外科」で、手術で治療する事が多い

美容皮膚科→皮膚科の医師さんが治療する。
基本的に手術はしない。

目のクマが気になるなら医師に治療してもうらのも
選択肢の一つです。
治療代も、昔と違ってずいぶん安くなっていてびっくりしますよ。